トップ / 葬儀の形態が変化している

葬儀の形態が変化している

葬儀の現状と対応

豆知識

葬儀は体力を使います

家族が亡くなってしまえば葬儀を行う必要がありますが、ご臨終から通夜、告別式までの期間は約2日程度なので非常に時間がタイトとなります。まず自宅に御遺体を安置する場合、そのスペースや弔問客への対応のため、掃除や買い出しなどが必要となります。そして葬儀業者の手配や親族、友人、菩提寺などの連絡、新聞社への投稿なども行わなくてはなりません。そのため、故人との死別で神経的に憔悴している状況ではありますが、ゆっくり感傷に浸る時間もないのが現状です。

葬儀の際に出される食事

葬儀に参列する機会は誰にでも生じることです。親しい人が亡くなったり、さらには自分は面識なくても配偶者の知り合いや親族が亡くなった場合には夫婦で参列するかもしれません。参列した時に、親族の間で食事が出されるという場合があります。そういうときにどうすればいいでしょうか。それは、無理のない範囲で一緒に食事をすることです。その際にあまりに急いで食べたりしないようにしましょう。葬儀は食事がメインの場ではありません。故人や遺族を慰める場です。ご馳走がだされたとしてもあまり貪欲にならないように気をつけましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 綺麗な家での暮らしを実現する. All rights reserved.